ここでは『チーム・デザスター』責任者である逢間妹人が、災難続きの
日々を書いていきます。そもそも『デザスター』とは、関係者から「デ
ザスターって本当に災難なチームだ!」と言われないよう自重の意味を
込めて付けた部分もあったのですが… が、製作していくと迷惑を掛け
たり掛けられたりの日々の連続。そんなはた迷惑な人々を面白おかしく
書いていきたく思います。
あ、ちなみに本日記はブログではありません。他人からも「逢間は放っ
ておくと何を言い出すか判らない」と言われているので、ヤバい発言と
指摘があったら即削除して、

『なかったことに!』

する予定です。どうか、履歴とか追わないでください〜


                                             2010/03/19

インディーズ

『PC Angel neo インディーズ』という本に記事を掲載してい
ただきました! しかも堂々の1ページ! まぁ『同人ソフト専門誌』な
ので、一般誌扱いが大きいのは当然じゃね!? という指摘もあるかと思
いますが、たった一本しかソフトを出していない――しかも次の予定も立
っていないブランドとしては破格の扱い、なんじゃないかな〜と。ホーム
ページはこちらです。

http://pc-angel.net/main.php

改めて本誌を拝見しましたが… 何というか実に… カオスです。ハッキ
リ言えば15年くらい前のエロゲー雑誌はどこもこんな感じだったなぁと
ちょっとした郷愁にかられてみたり。エッチィなシーンが多めなので、ペ
ージが全体的に肌色だったり、その… なんだ、恐ろしく絵柄の幅がワイ
ルドだったりしますが、自分はこっちの方が好きかも知れない…

後、ここからもリンクさせていただいております、各ダウンロード販売サ
イト様でも、結構検索能力には力を注いでいるようなのですが、こうやっ
てカタログ的にたくさんのソフトを見ると『意外とイイかも?』と思える
作品が見つかったりしましたので、ここを読まれているようなコアな方は
一冊買ってみるのも良いと思います〜

と珍しく販促などしてみましたが、たまには前向きの日があってもイイで
すよね!



                                             2010/03/15

サムネイル変更中。

しばらくぶりでございます。次の作品の費用を捻出する為のアルバイトの
日々が続いております… しかし、そちらでもいろいろとやっかいなコト
になり――というか、わざわざやっかいごとにクビを突っ込んでさらに仕
事が増えるありさま。

『まったく災難だよ!!』

さて、ご指摘と検討の結果、各ダウンロード販売サイト様にアップしてあ
る『魔封少女・小夜子』のサムネイルや設定を変更することにしました。
まぁ、ぶっちゃけて言うと売れ行きがいまいちなので、ジタバタしてみる
ことにしました。そんな訳で、サムネイルを



こちら、玉江さんから、



こちら、小夜子さんに致しました。彼女が主役なので当たり前と言えば当
なのですが… 他にも「魔法少女らしくない」とか「玉江さんだとエ○ァ
のパロディだと思われるんじゃ?」みたいな意見もあったりなかったり。

そんな訳でちょっと外見が代わりますが、内容は変わりないので既にお買
い求めになった方はなにとぞ、お間違いのないようにお願いします!

ん? 『内容をお間違いないよう』…さっ、寒いわ〜



                                             2010/02/10

お買いあげありがとうございます。

ようやくシナリオ書きのお仕事が終わりました… いつものコトなんです
が世の中には恐らくエロゲーの数だけエロスがあるっ! という訳で、先
方の雰囲気に合わせるのに苦労しました、というかリテイクを出されまく
りです。まぁ、自分がエロシナリオにおいてはよく暴走するのが根本的な
問題だと思いますが…

さて『魔封少女・小夜子』の発売から1ヶ月が経ちました。お買いあげ、
もしくは頒布物を購入された方には大変に感謝しております。おかげさま
で何とか次回作を作れるかも… ぐらいの売り上げにはなり、ゆっくりと
ですが次回企画も動かせそうです。本当にありがとうございました。

実は先日、ある友人――ヘンタイではない、普通の人です――と、お話を
しまして、やはり売り上げの話になりました。以下、その会話です。

友人「売り上げ、どうだったんですか?」
逢間「うっ、ま、まぁまぁ……1000〜1500本の間ぐらいかな?」
友人「おぉ、それはスゴいですね」
逢間「いや〜 まだ、人件費を回収しきっていないのですが〜」
友人「考えても見てくださいよ? あんなマニアック尽くしの作品がそれ
   だけ売れるんですよ? スゴいじゃないですか?」
逢間「そういう見方か〜」

なるほどっ! と思いました。いや、まぁ、もう少し売れてくれると非常
に助かるのは事実ですが、あれだけヘンタイ尽くしの作品が最初っから数
千本売れるというのは無謀か〜 と改めて思った次第。もっとも、こうい
う作品が数万本も売れたら、それはそれでこの国はどこに行ってしまうん
だろうという余計な心配をする訳ですが。

ともかく、今後もよろしくお願いします。

あ、後、新装パッケージ版は2月19日発売だそうです。販売をされるア
イ・スタジオさんによるとどこの県でも3〜4店は扱っているお店がある
様子。もし興味があるけど、ネット販売はちょっと……という方がおりま
したら、どうかご購入を検討ください。



                                             2010/01/24

『意外と』マニアック!?

先日の日記よりだいぶ時間が経ってしまいました… 別に仕事をサボって
いた訳ではなく、他ブランドさまのシナリオ書きを手伝っております。
えぇっと、ぶっちゃけ『小夜子』……儲からなかったからですね!(T_T)
まぁ、他にも自分が他チームのデスマーチに巻き込まれやすいというか、
クビを突っ込むのが大好き! という理由もあるような。

さて、ここを見ている方は既にこのHPの他部分を見ていると思ったので
特に書かなかったのですが……なんと『メガストア』さまに記事を載せて
いただきました! しかも半ページ+体験版がDVDに収録されていると
いう同人ソフトとしてはすごい優遇ぶり。感謝感謝でございます。
さっそく、本誌を買ってきて記事を拝見したのですが、なんか微妙に気に
なる一文がありました。いわく、

『見た目に反して意外とマニアックな作品と言えるでしょう』

……意外と? いえ、記事を書いた方に苦情を申すとか、そういう訳では
ないのですが、こちとら最初っからマニアックなつもりで作っていたので
どの辺が『意外』なのか良く判らない…… これはもしかして、絵柄が上
品なのにやっていることがウ○チとか、そういうコトなの――いや、そう
いうコトだと思うことにしました! 嬉しいぜッ!

さらに、記事の隅っこに

『商業でハードな○辱モノが減ったと嘆いているユーザーは……』

ええっ!! いや、ウワサには聞いていましたが、やっぱりそんなことに
なっていたのかと。諸々の事情、お察しください。

『帰るところなど、もうない〜♪』

そんな感じの歌があったのを思い出しましたよ……



                                             2010/01/11

『修正パッチ2・呪われたフォーマット』

前回の予告通りなんとか〜 ギリギリ一週間にて修正パッチをアップさせ
ていただきました。興味のある方はどうかご利用くださいませ。
さて、今回はもう一つ効果音に関して不具合があったものを修正させてい
ただきました。『魔封少女・小夜子』修正パッチ・その1、というヤツで
す。『サポート情報』のページには詳しくは書いていない… というか、
書いても知る人ぞ知る情報なので却って判りにくくなると判断して書いて
いないのですが、判る方のみ限定で簡単に書くと、

一部ADPCMになっていた効果音ファイルを、非圧縮のPCMに直した

データとなっております。これで判る方は「あ〜あ〜、あのマイナーな音
声フォーマットね?」とご理解いただけると思うのですが、以下、興味は
あるけどいまいちよく判らない、という方に説明させていただきます。あ
っと、その前に自分も

『よく判っていない!!』

ので、さらに詳しい技術情報を請求されるのはご容赦ください。

調べてみると音声フォーマットには恐ろしい程多くの種類があるようです
代表的なところで言うと、MP3、MP4、OGG そしてそれらのデータの元とな
る、非圧縮のデータであるWAV などです。ところが世間的には非圧縮デー
タ=WAV と思われているのですが、圧縮されているWAV データというのも
存在するのです。それがADPCMです。拡張子が同じ.wavなので気づき
にくく、またこの件で相談した音楽屋さんからは、

「いや〜 僕が仕事を始めた頃には廃れていたデータ形式でして…」

と言われるほどのマイナーさ。データをエディタなどで開いてみれば判る
のですが、ヘッダー部分がちょっと違っていたりします。で、困ったこと
にこのデータ形式、メディアプレイヤーでは当然のように再生できます。
ま、MSが推していたデータ形式なので当たり前なのですが… が、他の
プレイヤーですと、

「なんじゃこの形式。自分は知らぬわ〜」

とばかりに蹴られてしまったりします。つまり、WAV を再生するアプリケ
ーションが標準でメディアプレイヤー以外になっているとエラーを起こす
可能性があるという、なんか地雷みたいな音声フォーマットになってしま
っている訳です。この際なので、手元にある疑わしいデータは全部変換し
ておこうと思いますが、まったく災難な話です。せめて、形式が違うのな
らば拡張子を変えて欲しい… と思うのですが、世の中、同じように見え
て中が違うデータ形式って結構あるのですよね〜 JPEG とか、MPEG とか
… このページを見られているような方はそれなりに、そういう知識があ
る方だと思うので問題ないのですが、これが仕事で仕方なくパソコンを使
っている、ぐらいの取引先の方ですと、彼の環境に対応しているフォーマ
ットに変換するのに一苦労、なんてことも良くあります。
いやはやまったく――



                                             2010/01/03

『修正パッチ』

第2回目にして、いきなり敗北宣言みたいな日記で申し訳ありません。
えぇと、去年末に告知しましたように12月31日にありました、コミッ
クマーケット77・3日目に原画の菊水さんが参加しまして本作のパッケ
ージ版を販売させていただきました。それは良かったのですが、どうも販
売後もパッケージ版を求められている方がいるらしくて… 詳しくはこち
ら。


そんな訳でダウンロード版をパッケージ版にする修正パッチ…みたいなも
のを作成することに致しました。まぁ、これを決意したのには他にも理由
があるのです。某オークションとか。

そんな訳でそちらをお求めだった方には申し訳なかったのですが、1週間
ほどお待ちください。多少、技術的に難があるのですが、多分それぐらい
でアップできると思われます。

あ、ちなみにパッケージ版をお持ちの方にはこのパッチは必要ありません
し、ダウンロード版をお持ちの方も現状で動作に問題がある訳ではありま
せん。どうか、よろしくお願いします。



                            2010/01/02

『この娘、エ○ァのマ○って娘に似ているよね?』

記念すべき第一回から微妙なテーマでお送りします。えぇと、このページ
を見ている方はほとんどが販売サイト様のページを見ていると思うのです
が、そのサムネイルの娘、『維茂 玉江』さんについて…



↑この娘さんですね。作品が販売される直前、知人から「この娘ってエヴ
○の○リって娘が元デザイン?」と訊かれたのですが… 誓って、

「パクってなんていないよ!!」

実はこの作品、いろいろな事情によりかなり製作に時間が掛かっておりま
して、この娘も一昨年の年末にはデザインが確定しておりました。証拠に
原画担当の菊水さんが一昨年末に同人誌『小夜子』という本を出しており
ます。リンクはこちら。で、その後にあちらの映画の告知がされ、自分も
最初は「あ〜 新キャラ出すのか。そうだよね〜 いつまでもリメイク…
(以下略)」と思っていたのですが、ある日突然「この娘、玉江さんに似
ている!?」と気が付いた訳です。まぁ、厳密にはアニメの方が先にキャ
ラクターのデザインをしていると思うのですが、自分たちもそれを知る訳
がなく、ハッキリ言って似ているのは

「ただの偶然」

です。厳密には玉江さんはもともと菊水さんの好きなキャラクターデザイ
ンの一つですので、似ているも何もないのですが…
そんな原画家さんに愛されているキャラクターだけあって、作品中でも彼
女のエッチシーンは菊水さんがアイデアを出してくださったりします。ま
ぁ、ぶっちゃけて言えば、

『アナル責めだらけ』

なんですが… 愛ってなんなんでしょうかねぇ……